月は晴天に在り 水は瓶に在り

趣味の座禅の楽しみについて他、投資やPCに関すること

 5月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2475
ナイス数:153

コラプティオ (文春文庫)コラプティオ (文春文庫)感想
最初はなかなか話に入りにくかったが東篠が絡んでくるあたりからだんだん面白くなる。自分も見てきたが権力を持つと勘違いしてくる奴が必ずいる。最後に辞任を迫って了承するのだからまだ宮藤はいいほうだろう。本当に権力に取りつかれてたらイエスマンで固めて、なりふりかわまず白石も田坂も消しにかかるだろう。
読了日:05月30日 著者:真山 仁
夜と霧 新版夜と霧 新版感想
強制収容所のことを知りたくて前から読んでみたいと思っていた。心理学者らしく深い洞察力がある。この人が生き残れたのは偶然というか強運の持ち主というべきか。このような状況で生き残るには狡さと未来への希望なんだろうがこの過酷すぎる状況で自分なら耐えられるだろうかと考えさせられた。最初に淘汰される90%に入ってたらどうもならないが。
読了日:05月28日 著者:ヴィクトール・E・フランクル
五稜郭残党伝 (集英社文庫)五稜郭残党伝 (集英社文庫)感想
実際逃走したものも多かったのだろう。もう少し詳しい地図なんてついてたらさらに面白く読めたと思う。アイヌはほんとにこんなひどい扱いを受けてたのだろうか。そのあたりをちょっと勉強したくなった。
読了日:05月24日 著者:佐々木 譲
我ニ救国ノ策アリ  佐久間象山向天記我ニ救国ノ策アリ 佐久間象山向天記感想
残ってる写真を見ても感じるが自信がみなぎっていて態度がでかそう。この人が現代にいたら何をしてくれるのか、ちょっと期待してしまう。
読了日:05月17日 著者:仁木 英之
風の中のマリア (講談社文庫)風の中のマリア (講談社文庫)感想
オオスズメバチの物語。刺されたらいやだし毛嫌いしてたけど彼女らにもこういう物語があると思うとちょっと愛着がわいた。
読了日:05月14日 著者:百田 尚樹
仮面病棟 (実業之日本社文庫)仮面病棟 (実業之日本社文庫)感想
密室ミステリー。とても読みやすいがそれだけに序盤で病院でなにもがおこなわれてたかすぐわかってしまった。本題とはずれるが隠れて移植することに主人公は怒ってたけど院長の言い分も分かるな。
読了日:05月10日 著者:知念 実希人
恋歌 (講談社文庫)恋歌 (講談社文庫)感想
義烈千秋を読んだ後にこの作品を読んだ。 多くの志士が国の為に立ち上がった裏にそれを待つ女性の姿が当然あり、それをうまく書いている。 ここまで無惨に妻子を殺されればお互い怒りが収まらないだろうが最後に融和に持っていった歌子。端から見てるだけでは本当の気持ちはわからない。 自分なら最後にこんな決断を下せるだろうかと考えさせられた。
読了日:05月06日 著者:朝井 まかて

読書メーター
 
by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー







ドル高も進んできてその影響で外貨建ても上げてきた。
先進国債券を少しづつ増やしていきたい。
 4月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:3260
ナイス数:103

カラフル (文春文庫)カラフル (文春文庫)感想
中学生の頃に読みたかったな。この作者の本ていつもそう思わせる。自分一人で生きてるわけじゃないんだけどこの頃はそれが分かんないんだよなぁ。自分もそうだっただけに余計心を打ちます。
読了日:04月30日 著者:森 絵都
火星に住むつもりかい? (光文社文庫)火星に住むつもりかい? (光文社文庫)感想
善とか悪とか関係なくバイアスをかけることなく淡々と書いてるところが気持ちいい。たからこそ人間の怖さだけ感じる。最後の「正しさなんてものは、どこにもない」っていうフレーズがこの小説の核心ではないだろうか。
読了日:04月29日 著者:伊坂 幸太郎
リピート (文春文庫)リピート (文春文庫)感想
久しぶりに続きが気になる本を読んだ気がする。種明かしのとこで何度も読み返してしまった。自分がリピートしたらどうするなんて思いながら読んでたけどできれば10か月ではなく10代のころからやり直したいもんだね。
読了日:04月25日 著者:乾 くるみ
義烈千秋 天狗党西へ (新潮文庫)義烈千秋 天狗党西へ (新潮文庫)感想
再読。改めて読むと合戦の描写などすごくリアルで情景が浮かんでくる。それにしても無念だったろうな。攘夷のはずが幕府の追手と戦わなければいけなかったのだから。大河ドラマになったら面白そうだし多くの人に知ってもらえるんじゃないかなぁ。
読了日:04月18日 著者:伊東 潤
笑う警官 (ハルキ文庫)笑う警官 (ハルキ文庫)感想
犯人がだれなのか最後まで分からず、展開にスピード感があって飽きさせない。最後に自殺してしまうところがもとになった事件の闇を感じた。一つのところに長くいすぎると癒着みたいのもあるかもしれないけど経験者がいないと捜査に影響が出るから難しいね。
読了日:04月14日 著者:佐々木 譲
日本人が知っておくべき「戦争」の話日本人が知っておくべき「戦争」の話感想
いまだに森友ってやってるが麻生さんも言ってたように他にもっと大事な話があるだろって思う。この本をみんなに読んでもらって先祖に感謝し自分が日本人であることを誇りに持ってもらいたい。
読了日:04月09日 著者:KAZUYA
アルジャーノンに花束をアルジャーノンに花束を感想
あまりにリアルなのでノンフィクションかと思って読んでしまった。天才になったはいいけど半年余りで前のように戻ってしまう。どっちが幸せだったが考えさせられる。ワレン養護学校に行ったとき担当の女性が言ってた言葉「この子たちがどれほどわたしたちを必要としているか考えるだけで報われるというものです」こういうふうに考えてくれる人たちがこの世界を支えてくれている。
読了日:04月07日 著者:ダニエル キイス
和菓子のアン (光文社文庫)和菓子のアン (光文社文庫)感想
タイトル通りあまーい本です。これは男性には書けない本ですね。
読了日:04月04日 著者:坂木 司

読書メーター
 
by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー










ポートフォリオ的にはあまり変わらないが
日本債券10年変動を少し買ってみた。






 3月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:3449
ナイス数:69

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)感想
脱走者の冒険譚だと思って読み始めたけど純文学ではないだろうか。哲学的な会話も多いしこれ以降どう進んでいくのか。中編へ。
読了日:03月31日 著者:グレゴリー・デイヴィッド ロバーツ
再会 (講談社文庫)再会 (講談社文庫)感想
子供のころの友情。みんなが相手を思うからこそ真実がなかなか明かされない。子供の万引きを隠そうとしただけだったのに結果的に人殺しの息子にしてしまったのは皮肉だな。
読了日:03月25日 著者:横関 大
これも修行のうち。 実践!あらゆる悩みに「反応しない」生活これも修行のうち。 実践!あらゆる悩みに「反応しない」生活感想
今までいろんな自己啓発の本や仏教に関する本を読んできたがこれが一番腑に落ちる。座禅を組む意味も理解できたし反応を止める方法が書いてある。「方法はある。」自分も壁にぶつかったらこの言葉を思い出すようにしたい。
読了日:03月16日 著者:草薙龍瞬
無人島に生きる十六人 (新潮文庫)無人島に生きる十六人 (新潮文庫)感想
実話がもとになってます。昔の人は強いなー。船長のリーダーシップもすごいけどメンバーも頼もしいのが揃ってる。決して弱気にならないように一番気を使っている。思ったより早く助けが来てくれたけど船が見えたときはどれだけうれしかったことか!
読了日:03月15日 著者:須川 邦彦
火花 (文春文庫)火花 (文春文庫)感想
ベースはお笑いの世界だけど笑える本ではなく人の心の動きとかそのあたりの描写がうまいと思う。こういうのが芥川賞を取る本なんだな。
読了日:03月15日 著者:又吉 直樹
チェインギャングは忘れない (講談社文庫)チェインギャングは忘れない (講談社文庫)感想
タイトル通りの作品。仲間の友情に涙してしまった。最後まで展開予想できませんでした。
読了日:03月11日 著者:横関 大
若狭殺人事件 (講談社文庫)若狭殺人事件 (講談社文庫)感想
はじめて浅見光彦シリーズ読みました。旅情ミステリーも初めて読んだのですが旅してみたくなりますね。行ったことある場所とか出てくると気持ち入るんだろうな。最後の解決の仕方はやたら正義感ぶることもなく好きです。
読了日:03月10日 著者:内田 康夫
生涯投資家生涯投資家感想
村上さんの熱い思いが伝わってきます。この人が騒がれてた当時、僕はまだ投資を始めてなかったのでテレビを見て漠然と会社を乗っ取る悪い奴という感じで見てました。今考えればマスコミの印象操作ですね。実はまっとうなことを言っていただけだったなんて!周りを見ても投資をやってる人はほとんどいないからこういう方に学校などでお金の授業とかやってもらいたいです。
読了日:03月10日 著者:村上 世彰
おさがしの本はおさがしの本は感想
最初は内容が難しく感じ読書量が少ないと面白く読めないかと思ったが中盤から本探しと図書館存続の話になってくるとテンポが出てきて読みやすかった。失敗をたくさん繰り返し、悔やんで成長する。仕事をするとはそういうこと。自分もそうだなと実感。
読了日:03月05日 著者:門井 慶喜
制服捜査 (新潮文庫)制服捜査 (新潮文庫)感想
佐々木さんの作品は初めて読んだが面白いですね。駐在所の警察官が事件を解決していきます。短編物が最後にすべてつながっていくような構成ですがブラックなところもあるし引き込まれていきます。話題作も多いようなのでこのあとも読んでいきたい。
読了日:03月04日 著者:佐々木 譲

読書メーター