月は晴天に在り 水は瓶に在り

趣味の座禅の楽しみについて他、投資やPCに関すること

前にも書いたが無性にピストのチャリンコが欲しくなって
東京まで見に行ってきた。
その帰りに前から興味があった原宿の東郷神社に寄ることにした。

新宿駅から原宿までブラブラと歩いていく。
たまに東京都内まで来るがいろんな人や物があって面白い。
30分ぐらい歩いただろうか。
東郷神社に到着。
IMGP0342_convert_20110313141306.jpg  

ちょうど結婚式をやってました。おめでとうございます。
IMGP0343_convert_20110313141406.jpg

こちらが境内
IMGP0341_convert_20110313141337.jpg

ここ東郷神社はかつて日露戦争で無敵といわれたロシアのバルチック艦隊を
破った東郷平八郎を祀った神社である。
(当の本人は神格化されるのを嫌がってたそうだが)
その勝運にあやかるため有名な「勝守」をいただきに来た。
境内の向かいで販売している。お値段700円。
勝ち守り

これで少しはトレードの成績も上がるはず!?
裏から出るとそこは有名な竹下通り。
ここには10何年前に来たきりだが当時と変わらず若者でごった返していた。
東郷元帥がこれを見たらなにを思うのだろうか...


せっかくここまで来たので今まで一度も行ったことがなかった明治神宮に参拝することにした。
天気がよかったので皆さん芝生でひなたぼっこ。
IMGP0346_convert_20110313141431.jpg

こちらは明治神宮の宝物殿
IMGP0347_convert_20110313141456.jpg

入館料500円
受け付けの爺さん、やる気なし

中は妙にカビ臭い(>_<)
壁には歴代天皇の肖像画がぐるっと飾られている。
(もちろん昔の天皇の顔なんてわからないから想像で描いたんだろうな)
今の天皇陛下は125代目だったのね。
何かで読んだのだが男系だけでここまで長く続いてるのは
日本の天皇だけだそうで、世界一偉い人は誰かと聞かれれば
今の天皇陛下になるだとか。

さらにびっくりしたのがここ明治神宮は元は畑だったのだが
それを明治天皇を祀るためにみんなで植林して森にしたそうだ。
それだけ多くの人に尊敬されてたということなのだろう。

しかし敷地が広いね。
続いて御社殿へ
IMGP0348_convert_20110313141522.jpg

こちらでお参りを済ませてから今話題のパワースポット
「清正井」へ
こちらへ行くには敷地内にある御苑に入場料を払って整理券をもらう。
(確か500円)
で、御苑の奥のほうへ行くと警備の人が一人いてその人に整理券を渡して
先まで通してもらう。
するとその先に
IMGP0352_convert_20110313141539.jpg

森の奥になぜか行列が
これみんな清正井目当てで来てる人である。
(そういう自分もそうだが(;一_一))
ほんとはちらっと見て帰るつもりだったが行列でチラッとも見えない。
仕方なくミーハーな自分に嫌悪しながら列の後ろにつく。
20分ぐらい並んだかな?
撮った写真がこれ
清正井戸

僕はデジカメで撮ったが、みんな身につけてるといいらしく携帯で写メしまくってた。
こんだけ人がごった返してるとパワーが分散しませんかね?
おそらくこの湧水の横で整理している警備の方が一番パワーを持ってる気がした。

帰りは最寄りの駅まで歩いて帰路についた。
キヨマサパワーで明日からまた頑張ろう!!




今までテレビでは見たことあったが実際に東京のどこにあるかも
知らなかった日本銀行本店。
投資をやってるなら一度は見とこうかと思い、東京にセミナーに
行く用事があったので足を伸ばして行ってきた。

場所は東京駅の八重洲口を出て左に10分ほど歩いたところ。
意外に近くにあることを始めて知った。
行く途中に銅像を発見!
誰かと思えば渋沢栄一の銅像だった。
渋沢栄一といえば明治時代に多くの会社の設立に携わった人。
なぜここに銅像があるのかは分からないが外人さんも
写真を撮ってたので僕も釣られて1枚。
2010-10-09+10-49-25_0002_convert_20101024174014.jpg

首都高をくぐるとその向こうに周りの景色から明らかに浮いてる
古めかしい建物が見える。
この日は土曜日なので閉まってたが平日予約すれば
中を見学することもできる。
2010-10-09+10-54-09_0005_convert_20101024174038.jpg

せっかくここまで来たので向かいにある貨幣博物館に寄ってみた。
ここは入館は無料だがお金に関するものが置いてあるだけに
警備員の人がやたらいる。
入り口の警備の方に聞いたのだが日銀の建物を上から見ると漢字の「円」
の形をしているそうだ。
階段を上がった二階が展示室となっておりお金の歴史や昔の大判、小判
なんかが展示されている。
小判なんかは幕府の財税が悪化すると純度を下げたりしてたんだねー。
外国の珍しいハイパーインフレになったときの紙幣なんかも置いてあり
桁がすごいことになってた。

お土産にもお札を細かく刻んだ紙の入ったボールペンなんかが売ってた。
中は撮影禁止なので写真はないが、なかなかおもしろいところなので
近くに行ったときは寄ってみてもいいかも(^。^)
2010-10-24+11-57-44_0022_convert_20101024174100.jpg