FC2ブログ

月は晴天に在り 水は瓶に在り

趣味の座禅の楽しみについて他、投資やPCに関すること

やっと落ち着いてきたんで先月行ってきた楽天証券の
新春講演会について書こうと思う。

講演された皆さんに共通してたのはQE3が行われるかどうか?
ここが焦点のようです。
ドル円のパターン的には夏ぐらいにかけてドル高、そのあとドル安。
で年末はダラダラとなる。
それと今ダウがいい感じにあげてるがこれもどこかで大きな調整があるだろうとも
言ってましたね。

個人的に一番印象に残ったのは櫻井よしこさんですね。
内容的には中国のやり方を批判してかなりのタカ派といっていいと思いますが
落ち着いた語り口と分かりやすい解説で話に引き込まれました。
今度この本読んでみたいと思います。

ちなみに最後にトリをつとめたのがサンデーモーニングでもおなじみ
寺島実郎さんでした。
個人的にはサンデーモーニングで自分のコメントの後
カメラから見切れる寸前のどや顔が好きなんです(-_-;)
(俺いい事いっただろ的な)

だけど最後ということで疲れて寝てる人も多かったからかな。
最後まで笑顔なく、話が終わったら一言もコメントせず
さっさと帰っちゃいました。
見たかったな、どや顔(-_-;)

去年も行ったけど投資全般の話が聞けて楽しかった。
来年も楽天証券さん、楽しみにしてますよ!!






チベット仏教の最高指導者第14世ダライ・ラマをご存知だろうか。
一度この人を生で見たくなり横浜まで行ってきた。
ここ最近は年に1度くらい日本に来られてるようだが、お歳も75ということもあり
この先いつ会えるか分からないからだ。

さすがにチョーVIPだけあり警備が厳しい。
カバンの中身を入念にチェックされ金属探知機で調べられる。
ロビーでダライ・ラマの関連書籍が売られていたが大盛況!

会場の中は思ったより広く、観客は女性の方が多く外国人の方も結構いた。
投資のセミナーにはよく行くが、男ばっかりなのでちょっと新鮮だ。
占いとか女性は好きだがそういうのも関係してるのかもしれない。

時間になり法王様 入場。
手を合わせ笑顔でみんなに挨拶する。
周りの人が立ち上がって拍手で迎えるので僕もあわててそうした。

法話が始まる前に法王様はサンバイザーをかぶった。
どうやら照明がまぶしいらしい。
かぶったままソファーのような大きな椅子に座り法話を始めた。
なかなかお茶目である。
言葉はどうやらチベット語のようで3~5分ひとしきり話すと
通訳の女性の方が日本語で話す。
当然通訳の方も5分ぐらいかけて話すのでこの人が法王様なんじゃないかと
いう気がしなくもない。

2時間ぐらいの予定だったが時間はあっという間だった。
休憩時間になり外に食べに行こうと思ったが出るときもチェックが厳しく
大渋滞。
なんでお昼は我慢した。
(何か買っておけばよかった(T_T))

お昼時間、会場では各国の般若心経が読まれており、それはそれで面白く
退屈はしなかった。
最後に日本の真言宗の方が登場し、みんなで和太鼓を叩きながら読経を始めた。
あまりにもかっこよかったので、坊さんの格好をしたパフォーマンス集団では?
なんて思ったのは自分だけだろうか。
聞いてた法王様もかなりインパクトあったようでエナジーを感じたようだ。

午後からの講演は大きな意味でテーマは愛ってことだったと思う。
最初、法王様は英語でスピーチを始めた。
午前中と同じようにひとしきりしゃべると通訳の方がそれを日本語で語るのだが
隣に座っていた女性の2人組が英語が分かるらしく
「そんなこと言ってないじゃん(--〆)」
とクスクス笑いながら小さな声で通訳の人に突っ込みを入れていた。
途中からニュアンスが英語だとうまく話せないようでチベット語で話し出したが
すべて通訳の人がオリジナルでしゃべってもクレームはこないんじゃなかろうか。

講演もあっという間に終わり、どうやら毎回恒例になってるらしい質問コーナーが
始まった。
法王様に質問がある人はマイクの前に並んでくれと司会の人が言うと
2本のマイクの前にすぐに100人近い行列ができた。

ここで気付いたのが必ずしもダライ・ラマに好意的な人ばかりが集まってるわけでは
ないんだということ。
外国人の男性はダライ・ラマが肉を食べることがおかしいんじゃないかというような
ことを質問し、その答えに対ししきりに首を振っていた。
ある女性はいきなり大きな声で
「法王様、最高ですかぁ?」
と大きな声で叫び、質問ではなく自分の考えを一方的に話し
周りをドン引きさせた。
(一時期話題になった宗教の信者であろうか?)
法王様も最初はキョトンとしていたが、そのあと何事もなかったように普通に
答えようとするところがすごい!
(通訳の人は法王様にどう伝えたんだろう?)

法王様もユーモアがあるらしく、ある女性が
「今の世の中では不安で子供を産もうと思えないがどう考えたらいいか?」
と質問した。すると法王様は一言
「I don,t know」

質問コーナーも結局30分ほど延長されたが飽きることはなかった。
最後は観客にスタンディングオベーションで見送られ、みんなに手を合わせながら
笑顔でゆっくりと舞台袖に消えていった。

正直法話や講演の内容はよく覚えてないがダライ・ラマという人の人柄に
少しでも触れられただけで満足である。




日曜日に横浜まで投資のセミナーに行ってきました。
竹中平蔵さんは正月の亀井さんとの討論の次元の低さを嘆いておりましたね^_^;
伊藤元重さんはTV東京のWBSのコメンテーターとして出演しておりますが
結構くだけた話を聞かせていただき楽しかったです(*^_^*)

気になったのは堀古英司さんの話です。
(もちろん投資は自己責任ですよ!)
堀古さんは米国経済について話してくれましたが
ダウはこの後又下げに転じ5月ぐらいに8000を目指す可能性が
ありそのあと本格的に反発するとのこと
理由はプライム層の延滞率が上がっていること
この後FRBの対策が立て続けに終了し、それによりプライム層の問題が
表面化するとのこと
対策が終了するのはあらかじめ分かってるから今月から下げ始めても
おかしくないかも知れません。

もし本当にそうなったらそれにつられて日経平均も又10000円を割ってくるでしょうし
ただでさえ今年はあまりよくないという情報が入ってるだけに
怖いですよね(T_T)

その時に備えて今からCFDの取引の仕方を勉強しとこうかと思います!