fc2ブログ

月は晴天に在り 水は瓶に在り

趣味の投資やPCに関すること

 5月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:2884
ナイス数:32

涅槃 上涅槃 上感想
宇喜多直家といえば乱世の梟雄とはよく聞くが最近イメージが変わってきた気がする。この本を読んでも実は信長に匹敵するような魅力的な人物。武士としてより商人のように育った子供時代。ここからどうやって大きな敵と渡り合っていくのか。後半が楽しみ。
読了日:05月31日 著者:垣根 涼介
賤ヶ岳の鬼 (中公文庫 よ 63-1)賤ヶ岳の鬼 (中公文庫 よ 63-1)感想
鬼玄蕃。この人の生きざまはかっこいいが秀吉の狡猾さと先を見る目がより引き立つ。できれば地図があると位置関係がわかってもっと面白く読めたと思う。
読了日:05月29日 著者:吉川 永青
風のことは風に問え―太平洋往復横断記風のことは風に問え―太平洋往復横断記感想
船のことは説明されてもよくわからなかったが過酷な旅なのはよくわかった。自分には絶対できないことなのでただすごいと思う。運が良かっただけとは書いてるが実力がなければ運は引き寄せられない。人間いくつになっても成長できるということを教えてくれた。
読了日:05月28日 著者:辛坊 治郎
【数量限定】経済で読み解く日本史【文庫版6巻セット】【数量限定】経済で読み解く日本史【文庫版6巻セット】感想
すごい面白い!元々歴史は好きだけど経済や金融から見るって視点は新鮮。考えてみれば戦があろうが飢饉があろうが武士も貴族も農民も生活してるわけだからお金は大事なポイントである。この本に何度も書いてあるが人は経済的に困窮すると救済を求めて過激思想に走る。読み終わってほんとにそうだなと感じた。これから生きる人は賢者となって歴史に学んでほしい。
読了日:05月02日 著者:上念 司
勝つ投資 負けない投資勝つ投資 負けない投資感想
具体的に何を買えばいいとかどう儲けるとかではなく、投資の心構え、投機との違いを書いていて好感が持てる。投資してない人は是非これを読んで始めてほしい。
読了日:05月02日 著者:片山晃,小松原周

読書メーター
 4月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:821
ナイス数:31

お寺の日本地図 名刹古刹でめぐる47都道府県 (文春新書 1309)お寺の日本地図 名刹古刹でめぐる47都道府県 (文春新書 1309)感想
魅力的なお寺がいっぱい紹介されてる。実はすでに8箇所ほどまわってることがわかった。お寺の歴史もわかるし背景を知ると更に行きたくなるなぁ。今更だが廃仏毀釈がなければもっと歴史的価値のある仏像が残ってたと思うと残念でならない。
読了日:04月25日 著者:鵜飼 秀徳
レッドリスト 絶滅進化論 (幻冬舎文庫)レッドリスト 絶滅進化論 (幻冬舎文庫)感想
進化がこんなに早く進むのかどうかはわからないけど現実に起きてもおかしくないような話。まさに今のコロナ禍が近いのだろう。明らかに人間が増えすぎたため神の見えざる手が働いたと言う人もいる。自然て恐ろしいほどうまく出来てる。
読了日:04月10日 著者:安生正
PRINCIPLES FOR SUCCESS(プリンシプルズ・フォー・サクセス) 成功の原則PRINCIPLES FOR SUCCESS(プリンシプルズ・フォー・サクセス) 成功の原則感想
サラッと読めますね。けど小学生にはちょっと抽象的すぎて難しいし大人にはそれはわかってるけどさって言われそうですけどね。けどそばにおいておきたい一冊です。
読了日:04月05日 著者:レイ・ダリオ

読書メーター
 3月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1710
ナイス数:30

人は悪魔に熱狂する 悪と欲望の行動経済学人は悪魔に熱狂する 悪と欲望の行動経済学感想
最後の方はこじつけの〇〇バイアスって感じでこれは行動経済学なのかと思うものもあったが人って合理的なようで全然そうではないんだなとわかると見方も変わる。いい勉強になった
読了日:03月31日 著者:松本 健太郎
イラストで見る200年前の京都 『都名所図会』で歩く京都案内 (じっぴコンパクト新書)イラストで見る200年前の京都 『都名所図会』で歩く京都案内 (じっぴコンパクト新書)感想
京都みたいな歴史のある街はこういう本が昔から出てたんだな。京都に旅行に行くとき今と比べながら歩きたい。
読了日:03月28日 著者:
黒龍の柩 (下) (幻冬舎文庫)黒龍の柩 (下) (幻冬舎文庫)感想
後編になってちょっとファンタジー入ってきた感ありますね。忍者万能説、土方無双っていうのかな。そんな短期間に蝦夷と本州行き来できるかみたいなツッコミもいれたくなります。ただ最後の解説で幕末ベースのハードボイルド小説と言われればなるほどと思わなくもない。
読了日:03月17日 著者:北方 謙三
龍神の力をいただく 「神旅」のはじめ方龍神の力をいただく 「神旅」のはじめ方感想
スピリチュアル本ではあるがまっとうなことを言ってるので胡散臭さはない。本人がまず努力しないと願いはかなわないとかみんなが実践すれば世の中平和になるだけで悪くなることはないだろう。ただ猿田彦の説明のところで神武天皇を案内してるような書かれ方をしてるが正確には天孫降臨のときにニニギノミコトを案内している。
読了日:03月13日 著者:大杉 日香理
黒龍の柩 (上) (幻冬舎文庫)黒龍の柩 (上) (幻冬舎文庫)感想
土方強すぎだな。人を切って奉行所に尋ねられたとき新選組の土方と名乗ったときのビビリ具合とか痺れる。さらに添加の行方まで勝や小栗と語り合うなんてかっこよすぎです。後編でどう死んでいくのか楽しみ。
読了日:03月09日 著者:北方 謙三

読書メーター
 2月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1161
ナイス数:36

裏道を行け ディストピア世界をHACKする (講談社現代新書)裏道を行け ディストピア世界をHACKする (講談社現代新書)感想
なんか毎度同じパターンになってきてしまいましたね。 他の本やドラマを引用するだけでって感じで。昔のお金関係の本にすごい影響を受けただけに残念です。
読了日:02月28日 著者:橘玲
歴史をなぜ学ぶのか (SB新書)歴史をなぜ学ぶのか (SB新書)感想
歴史研究者は自分の好きなことを毎日やってて楽しそうだなと思ったが派閥とかあって歴史以外のことで気を使わなければいけないこともあるんだな。どこの会社もそうだが大学とかでも同じなんだと。それでもテレビなどに出てテレビ局の意向も聞きながらわかりやすく解説してくれる本郷先生に感謝です。
読了日:02月27日 著者:本郷 和人
ヒトコブラクダ層ぜっと(下) (幻冬舎単行本)ヒトコブラクダ層ぜっと(下) (幻冬舎単行本)感想
壮大な物語完結。もう少し笑いがあってもよかったかな。建物好きの万城目氏らしさが全開に出てたな。
読了日:02月19日 著者:万城目学
ヒトコブラクダ層ぜっと(上) (幻冬舎単行本)ヒトコブラクダ層ぜっと(上) (幻冬舎単行本)感想
壮大な物語。下巻へ
読了日:02月19日 著者:万城目学

読書メーター
 1月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1263
ナイス数:39

ヴァルキリーヴァルキリー感想
これからの日本を想像させるような内容。人々は困窮すると過激思想に救済を求める。まさにそのとおりのことが起きる。最後は救われる内容のほうがよかったなぁ。
読了日:01月31日 著者:安生正
代償 (角川文庫)代償 (角川文庫)感想
前半のあまりに不幸な人生を描くことで後半の展開が効いてくる。人間はやっぱり育った環境で人生変わる。主人公は転げ落ちていくとこを友人に救われてる。現実にもどうしようもないクズはいるだけに最後はスカッとした。
読了日:01月27日 著者:伊岡 瞬
ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理感想
長年読みつがれてる名著をついに読む。厚い本だけあって読むのに時間がかかったが決して難しい内容ではない。インデックス投資が根付いてきて昔よりやる人が増えたが全員がインデックス投資をしたらどうなるかという最後の章に書かれてたことが興味深かった。人間に欲がある以上相場はランダムウォークするってことか。相場がどう動こうが淡々と積立を実行していこう。
読了日:01月16日 著者:バートン・マルキール

読書メーター