FC2ブログ

月は晴天に在り 水は瓶に在り

趣味の座禅の楽しみについて他、投資やPCに関すること

今回の八十八か所参りは一度は寝台列車に乗ってみたいと思った。
過去2回深夜バスで行ったがまともに熟睡出来なかったからである。
一応列車のチケットが取れなかったことも考え往復で深夜バスのチケットを取っておいた。
ちなみに1か月前ではもう遅いのは分かってたので3月12日には予約済。
ただ今回はキラキラ号ではなく単独3列シートのコトバスエキスプレス。
これの早割7で予約した。
横浜から高松まで片道8400円である。

とりあえずこれで列車のチケットが取れなくてもバスのシートは確保してるので
問題ない。
チケットが取れてキャンセルしても20日前のためキャンセル料も取られることはないのだ。
問題は列車のチケットの取り方だ。
ネットで調べたところえきネットでチケット取ることは不可能なので、
JRのみどりの窓口に行って取るしかなさそうだ。
発売は出発日の1か月前らしい。
いきなりその日に行って取れなくてもまずいので
その1週間ほど前に最寄駅のみどりの窓口に聞きに行った。

窓口のお姉さんに聞くと
発売は出発日の1か月前、つまり4月29日の列車だと
3月29日の午前10時に発売になるという。
その時間前に並んでも良いが実は予約ができるらしく
予約の紙に内容を書いてその日の10時前に窓口に提出しておけば
10時ちょうどに駅員さんが叩いてチケットを取ってくれるそうだ。
一番に叩いてほしいなら窓口が朝6時半に開くので
その時に予約券を渡してほしいとのこと。
一応サンライズ瀬戸のチケットの人気具合を聞いてみると
平日なら2週間前でも取れるらしいがGWや夏休みは結構な人気らしい。
希望の席も取れるのかと聞いたら基本的にはコンピューターが割り振るので
あくまでも先にチケットを確保して、希望の席が空いてたら
そちらの席に変更するとのこと。
お礼を言い、予約券をもらって帰宅した。
家に帰り予約の紙に必要事項と、希望の席を書いて運命の3月29日を待つ。


そして運命の3月29日がやって来た!!
朝5時に起き、そのまま仕事に行けるよう準備し、駅に向かう。
駅には6時に到着。
平日なのですでに通勤の人で思ったより人通りがある。
窓口が開くまではあと30分ある。
誰もいないだろうと思って行ったのだが
なんとそれらしき人が一人入り口前に立っていた!!
その人の隣に並んでいる僕を横目で見ながら
サラリーマンが通り過ぎていく。
開く10分前ぐらいになるとさらに二人僕の後ろに並んだ。
(まさかと思ったが早く来てよかったかも(^_^;))

時間になりシャッターが開いたので
2番手で受け付けてもらう。
希望も書いといたので取れるなら左側の2階でお願いしますと伝える。
(ネットで見たのだが進行方向左側だと
瀬戸大橋から見る朝日がとても綺麗らしいのだ。)

お昼ぐらいにはチケットが取れてるか分かるので
その頃また来て欲しいとのこと。

とりあえずそのまま会社に行き、ドキドキしながら
お昼休みを待つ。
お昼を食べ終わってからダッシュで駅へ。
窓口に行くと相談に行ったときのお姉さんがいた。
チケットは最初に取れた分と希望の席と2つキープ
しといてくれた(*^_^*)
どちらにします?って言われたんで、もちろん希望の席をリクエスト。
乗車券は当日でも買えるって言われたけど、面倒なので
乗車券と特急券とB寝台券、合わせて21,190円をカードで購入した。

早速電話で行きのバスだけキャンセルし、銀行に寄って
お賽銭と納経代の50円と100円を両替する。

これですべて準備OK!!
楽しみです(*^_^*)