FC2ブログ

月は晴天に在り 水は瓶に在り

趣味の投資やPCに関すること

 3月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2068
ナイス数:71

女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)感想
買って読み初めてから気付いた。これ前に読んだことあんじゃね?やはり再読だった。だけど意外と覚えてないもんで。相変わらずモヤッとした終わり方なんだか何故か読んでしまう村上春樹。
読了日:03月24日 著者:村上 春樹
歴史のじかん歴史のじかん感想
取り上げた偉人はだいたい知ってたしこれと言って驚くような話はなかった。ただ各章のあとに筆者のコラムがあってすごいよく考えてる人だなって思った。自分が同じ年の頃はこんな考察は絶対できなかった。それがこの若さでできるなんてすごい人だ!
読了日:03月23日 著者:山崎 怜奈
人生のダイヤモンドは足元に埋まっている 強欲資本主義時代の処方箋人生のダイヤモンドは足元に埋まっている 強欲資本主義時代の処方箋感想
投資家のための本というより投資の運用者に宛てたような本。道徳を説かれてるようでみんながこういうふうに考えたらいいのにと思わなくもないが投機筋がいなくなれば相場自体が動かなくなってしまうのではないかと思わなくもない。
読了日:03月18日 著者:ジョン・C・ボーグル,山崎恵理子
1%の努力1%の努力感想
昔この人のことはどうも好きになれなかった。本を読んでわかったが昔の自分は努力するのが当たり前、しないやつはダメなやつみたい思ってるとこがあったからだろうな。今は世の中色んなタイプの人がいるのがわかってるから1%の努力の意味もわかるし共感できる部分も大きい。自分の個性や性格をわかった上で生存戦略を練る。思った以上にいい本だった。
読了日:03月09日 著者:ひろゆき
全一冊 小説 立花宗茂 (集英社文庫)全一冊 小説 立花宗茂 (集英社文庫)感想
父も義父も偉大。しかしそれに負けないくらいというよりこれだけすごい人に教育を受けたからか大物になったんだと思う。もう少し早く生まれてたら天下取りに名乗り出ることもできたのかもしれない。これ読む前に柳川は一度行ったことあるけどすごくいい街だった。あらためて訪れてみたい。
読了日:03月09日 著者:童門 冬二
チームIIIチームIII感想
今回は山城が指導者として帰ってきた。また終わり方が結末まで見せないところに続きを感じさせる。次は監督として浦と箱根駅伝で戦うとか?次も楽しみ。
読了日:03月05日 著者:堂場 瞬一

読書メーター