月は晴天に在り 水は瓶に在り

趣味の座禅の楽しみについて他、投資やPCに関すること


2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1669ページ
ナイス数:98ナイス

悟浄出立悟浄出立感想
脇役の人にスポットを当てている。その前の風太郎もそんな感じだった。歴史上では脇役でもすべての人が自分の人生の主役ですからね。万城目氏のこういう作品も好きです。
読了日:12月31日 著者:万城目学
太陽の塔 (新潮文庫)太陽の塔 (新潮文庫)感想
夜は短しを読んで森見氏に注目。まさに爆笑妄想青春巨編ですね。恐ろしや、ゴキブリキューブ(汗)。 他の笑えるおすすめ作ってなんかあるかなー?
読了日:12月29日 著者:森見登美彦
人生生涯小僧のこころ人生生涯小僧のこころ感想
こんな厳しい行を続けられる精神がすごい。10代のころの自分と考え方が全く違う。人とは育った環境でこうも違うものなのか。一つ疑問に思ったことだがこの人が千日回峰行を行ってる時、年に1人しかできない百日回峰行は行われていなかったのだろうか。だとするなら次の人は10年待っていたのだろうか。そんなどうでもいいことを考えてしまった。
読了日:12月28日 著者:塩沼亮潤
人間というもの PHP文庫人間というもの PHP文庫感想
実に深い言葉がたっぷりです。個人的には峠と燃えよ剣しか読んでないもので。勉強不足です。
読了日:12月25日 著者:司馬遼太郎
通訳日記 ザックジャパン1397日の記録 (Sports Graphic Number PLUS)通訳日記 ザックジャパン1397日の記録 (Sports Graphic Number PLUS)感想
サッカーとしてというより指導者としてどう引っ張っていくか。どう意識を共有していくか。そういうところが勉強になる。自分にはこんなプレッシャーには耐えられんが(汗)
読了日:12月23日 著者:矢野大輔
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)感想
最初は物語がさっぱり呑み込めなかったが。最後はかなりドキドキしながら読みました。外堀を埋めるというフレーズが好きです!
読了日:12月23日 著者:森見登美彦

読書メーター












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kissakokissako.blog9.fc2.com/tb.php/236-5788fd6c