FC2ブログ

月は晴天に在り 水は瓶に在り

趣味の座禅の楽しみについて他、投資やPCに関すること

2016年10月の読書メーター 読んだ本の数:7冊 読んだページ数:2198ページ ナイス数:107ナイス 残り全部バケーション (集英社文庫)残り全部バケーション (集英社文庫)感想 単行本では一度読んでるんだがストーリーは完全に忘れてましたね。相変わらず会話のテンポがよくって面白いです。真実である必要はなく真実っぽさが大事。 読了日:10月30日 著者:伊坂幸太郎
魔法のコンパス 道なき道の歩き方魔法のコンパス 道なき道の歩き方感想 やっぱり自分を持ってる人間は強い。批判されても感じないわけだけだから。上からしてみれば扱いずらい部類に入るし嫌われるだろうけど自分がやりたいことを批判を気にせずできるなら何でもできるだろう。向かい風を追い風ととらえる。僕もこういう発想をして生きてみたい。いい本だと思います。 読了日:10月30日 著者:西野亮廣
ペンギン・ハイウェイペンギン・ハイウェイ感想 最初から最後まで特に何も思うことなく淡々と読みおわってしまった。これでいいのだろうかと自分が心配になった。 読了日:10月27日 著者:森見登美彦
マイナス金利にも負けない究極の分散投資術マイナス金利にも負けない究極の分散投資術感想 セミナーでいただきました。モーニングスターのサイトにからめてますが 今後の投資の参考になります。この低い利回りの中どれだけ資産を増やせるか、インフレの時代はほんとにくるのか。あらゆる事態を想定しておきたいですね。 読了日:10月23日 著者:朝倉智也
小説 君の名は。 (角川文庫)小説 君の名は。 (角川文庫)感想 映画を見てから小説を購入。一人称視点から書いてるので また映画と違った感じで読める。これ読んでからもう一度映画を見たくなる。 読了日:10月23日 著者:新海誠
微笑む人 (実業之日本社文庫)微笑む人 (実業之日本社文庫)感想 この犯人と同じで理由がわからないとすっきりしない。結末を読んで、これで終わりって感じだけど話の内容とかけてるんだろう。やっぱりもやっとした終わり方は好きじゃないな。 読了日:10月16日 著者:貫井徳郎
虚けの舞 (講談社文庫)虚けの舞 (講談社文庫)感想 メジャーではない武将だがそれぞれに人生があって葛藤があって。みんな我慢して必死に生きてるんだなと。秀吉との違いは何だったのかねぇ。 読了日:10月6日 著者:伊東潤
読書メーター












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kissakokissako.blog9.fc2.com/tb.php/285-7337a218