月は晴天に在り 水は瓶に在り

趣味の座禅の楽しみについて他、投資やPCに関すること

  2016年11月の読書メーター 読んだ本の数:5冊 読んだページ数:1894ページ ナイス数:64ナイス
エウレカの確率 経済学捜査員VS.談合捜査エウレカの確率 経済学捜査員VS.談合捜査感想 行動経済学に興味があるので手に取った。すべてそれだけで解決してるわけではないがなかなか面白かった。これが第3弾とは知らなかったので前2冊も読んでみよう。 読了日:11月19日 著者:石川智健
義烈千秋 天狗党西へ (新潮文庫)義烈千秋 天狗党西へ (新潮文庫)感想 面白い!歴史ものと戦と旅。幕末といえば薩長中心の京都のイメージで 天狗党は名前ぐらいしか知らなかったが当時関東でもこんな戦いがあったとは。攘夷を訴えるために立ったはずなのにそれが藩の権力闘争になっていく。志を持った人にはつらかっただろうな。 読了日:11月13日 著者:伊東潤
([ふ]1-1)坂の上の坂 (ポプラ文庫 日本文学)([ふ]1-1)坂の上の坂 (ポプラ文庫 日本文学)感想 今からコミュニティを作っとかないと定年になってから困る。確かにいままで考えてなかったけど40すぎたし、考えるいいきっかけになった。 読了日:11月6日 著者:藤原和博
城を攻める 城を守る (講談社現代新書)城を攻める 城を守る (講談社現代新書)感想 歴史背景まで時系列で書いてあるのでわかりやすい。 第2弾も出してほしい。 読了日:11月5日 著者:伊東潤
葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)感想 なんか読んでて違和感あるなと思ってたらこんなミスリードもあるんだなと。ただ最後種明かししてからやたら長すぎた。 読了日:11月1日 著者:歌野晶午
読書メーター












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kissakokissako.blog9.fc2.com/tb.php/287-eb71177f