FC2ブログ

月は晴天に在り 水は瓶に在り

趣味の座禅の楽しみについて他、投資やPCに関すること

 7月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1542
ナイス数:73

戦国十二刻 終わりのとき (光文社時代小説文庫)戦国十二刻 終わりのとき (光文社時代小説文庫)感想
戦国武将の最後24時間を短編でまとめた作品。個人的には伊達輝宗銃殺の「子よ、剽悍なれ」と家康の「さいごの一日」が好き。家康も天下統一したけど苦労の連続で走馬灯のように最後見えたのだろう。一切後悔なく悔いのない人生を終えることのできる人はいるのだろうか。
読了日:07月21日 著者:木下 昌輝
レディ・ジョーカー 上 (新潮文庫)レディ・ジョーカー 上 (新潮文庫)感想
罪の声を読んでその流れで読み始めた。描写が丁寧といえばそうだがあまりに細かすぎてなかなか話が進まない。中編もこのペースだと挫折しそうだが大丈夫だろうか。
読了日:07月16日 著者:高村 薫
英傑の日本史 激闘織田軍団編 (角川文庫)英傑の日本史 激闘織田軍団編 (角川文庫)感想
時代的にはこのころが一番面白い。一つの決断でガラッと人生が変わる。これ読むと信長っていうのは今までの常識を変えたんだとよくわかる。家康も信長と秀吉のやり方をみて学んだからこそその後の江戸幕府の繁栄があったと思う。井沢さんの解釈も説得力があって好きです。
読了日:07月07日 著者:井沢 元彦
パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)感想
久しぶりの東野作品。読んでから知ったが結構前の作品なんですね。携帯のない時代はこうだったなと。自分だったら友情を取るだろうけど好きって感情を抑えるのは難しいかな。女を取ってアメリカ行きを蹴ったら女がアメリカ行きに選ばれるってこれへこむなー。
読了日:07月01日 著者:東野 圭吾

読書メーター












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kissakokissako.blog9.fc2.com/tb.php/352-fe9541c1