FC2ブログ

月は晴天に在り 水は瓶に在り

趣味の投資やPCに関すること

 11月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1871
ナイス数:90

四月になれば彼女は (文春文庫)四月になれば彼女は (文春文庫)感想
恋愛小説だけど人を好きになるいうことを考えさせられる哲学の本みたい。なんで人を好きになるんだろ。ラブラブなのは最初だけなのか。自分の恋愛も含めていろいろ考えさせてくれた。好きな人の気持ちがわかったらいいのにと思う反面、どう思われてるかを知るのが怖いとこもありますし。難しい。
読了日:11月29日 著者:川村 元気
望み (角川文庫)望み (角川文庫)感想
東野圭吾の「手紙」を初めて読んだ時のようなとても考えさせられた作品。どちらの結果になったとしても最悪だが発見までの数日間での心の揺れ具合がよく分かる。彼女が黙ってさえすれば起きなかった話かもと思うと因果応報の物語でもある。いつ自分がこういうことに巻き込まれるか誰にもわからないのだ。
読了日:11月24日 著者:雫井 脩介
犯人に告ぐ 下 (双葉文庫)犯人に告ぐ 下 (双葉文庫)感想
面白かった。津田長がいい味出してた。巻島の失敗してそれを乗り越えていくことで強くなるというストーリーは読んでて応援したくなるのだ。続編も出てるので読んでみたい。
読了日:11月24日 著者:雫井 脩介
犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)感想
一度はどん底に落ちたとこから這い上がる主人公。相当強い精神力が必要ですが応援したくなる。下巻が楽しみ。
読了日:11月18日 著者:雫井 脩介
ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)感想
雫井さんの作品にしてはちょっとライトな感じというかユーモアもあって長さを感じずさらっと読めてしまった。最後に告白して振られる理由にリアリティありだな。
読了日:11月11日 著者:雫井 脩介

読書メーター












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kissakokissako.blog9.fc2.com/tb.php/360-80f0586e